温度を維持して使用する機器では、年月がたつにつれて温度誤差が生じてきます。
表示上は設定値で制御されているようでも、センサーや温度調節器に誤差が生じていると、実際の温度はずれている可能性があります。
ご使用の機器の温度管理は万全でしょうか?

「最近試験後のサンプルの状態が以前と違う」
「表示は設定温度になっているけど、実際の温度はどうなの?」
「試験槽の中心と隅ではどのくらい温度差があるの?」

などなど温度を管理する機器での不安を、トレーサビリティ対応の機器で測定し解消してはいかがでしょうか。







 記録計により長時間の温度変化確認も可能です。