クライマティックシリーズ(安定性試験器)
主電源スイッチを入れてもディスプレイが点灯しない
→ 貴社側の一次側電源を確認して下さい。
→ 取扱い説明書に基づきヒューズの確認をして下さい。
設定値の変更が出来ない
→ キーロック状態になっていませんか?確認して下さい。
湿度運転の開始が遅い
→ 温度センサーの貫通孔の栓がしてあるか確認して下さい。
→ 加湿回路に純水がない場合、純水が供給されるまで湿度運転を行いません。
温度上昇(降下)時間が長い
→ 試料からの発熱がある場合には、試料を取り出して下さい。
→ 温度センサーの貫通孔の栓が閉まっているか確認して下さい。
→ 扉が完全に閉まっているか確認して下さい。
温度分布が悪い
→ 入れている試料が多いまたは、不適切に試料を置いていませんか?取扱い説明書に基づき通風等を考慮し確認して下さい。
→ 温度センサーの貫通孔の栓が閉まっているか確認して下さい。
異臭や煙が出る
→ 直ちに運転停止し、サービスコール願います。燃えやすい紙片等が加熱ヒーター表面に付着している可能性があります。
装置本体からブザー音のような音が鳴っている
→ 純水を加湿皿に送る電磁ポンプが作動している為です。故障ではありません、加湿皿へ給水されれば音は止まります。
ディスプレイに設定値が表示されない
→ 主電源スイッチを入れただけでは、ディスプレイに設置値が表示されませんので運転/停止キーを押して下さい。
AL21表示(ウイック警報)
→ ウイック交換機構が5分以上外れています。正しく装着して下さい、自動復帰します。
AL26(水タンク警報)
→ 純水タンクの残量不足です、タンクに純水を補給して下さい。自動復帰します。