当社のCS(Customer Satisfaction)活動は、お客様のお仕事(研究開発・生産技術など)への支援産業として、お客様のお困りごとのお手伝いを、誠意を持ってさせていただき、それを高めていくことに基軸を置いております。ビフォアサービスとアフターサービスを通して、常にお客様の近くで、お客様が気軽になんでも頼める「お客様にお役に立つ体制」の構築を、高いレベルでご提供できることをめざしております。そのために日々、お客様の声をお聞かせいただき、CSを学び、その声からの改善とその学びを普段の営業活動の中で展開し、試行錯誤を繰り返しながらCSをより一層高めていきたいと思っております。私たち科学機器商社の一番大切な機能とは、お客様との親密性であると認識しております。

お客様の声

お客様からのお電話での声、現場営業員へのご要望、お客様アンケートやセミナー展示会などでのアンケート、 当社幹部社員のお客様訪問時のインタビューなど、さまざまなところからお客様の生の声を収集させていただき、その改善に努めております。 「お客様の声」こそが当社の一番の財産であり、CS活動の源泉だと認識しております。 お客様からのご評価をモノサシとして、ますますCS向上を推進させていきたいと思っております。

CS活動報告の一例はこちら(アンケート結果報告)

月1回の全社CS研修の実施

CS界の重鎮である田村均先生をコンサルタントにお迎えし、月に1度、全社CS研修会を行なっております。 CS理論を学ぶことは当然ですが、さらにアクションラーニングという手法を使って、CS理論を現実の場でどう活用するのかを普段の営業活動の事例からグループディスカッションを行っています。 この研修の場から出た発案を仮説として、再び普段の営業活動に落とし込んで展開し、またそのフィードバック結果を検討していくという繰り返しを行なっていきます。これにより、お客様へ、より効果的なCS活動をご提供できるようになることを期待しております

(写真左:田村先生書籍  写真右:研修風景)
 

CS書籍からのベンチマーク研修

半期に1冊、指定されたCS書籍を全社員が学びます。これはCSが評価されている組織の研究(ベンチマーク)を書籍により行い、それによって自らのCS知識の向上をめざします。レポートによる研究成果報告をし、その評価と解説を田村均先生にしていただき、個人のCS知識を向上させることによって、お客様に業界標準を超えたCS活動のご提供ができることを期待しております。

過去の研究書籍

  ・顧客満足ってどうやるの?(佐藤知恭監修・日本経済新聞出版)
 ・健全な組織は価値観の経営を目指す(田村均著・生産性出版)
 ・1分間顧客サービス(K.ブランチャード著・ダイヤモンド)
 ・真実の瞬間(ヤン・カールソン著・ダイヤモンド)
 ・当たり前が難しい(南澤徹著・日刊自動車新聞社)
 ・チームの底力(相沢賢二著・PHP研究所)
 ・会社の目的は利益じゃない(横田英毅著・あさ出版) 
 ・日本で一番大切にしたい会社(坂本光司著・あさ出版)